理系Sの牝奴隷には言えない話
”御主人様”、vetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

これが奴隷に対する接し方として、正しいのかどうかはわからないけれど、

自分の奴隷には、やっぱり笑っていてほしいと思う。

そのために、本当は言うべきこと、普通は、言うだろうと思われるくらいのことを、伝えなかったとしても。

主に私自身のこと。


例えば、私の仕事は、これまで、順風満帆にここまで来たわけではなく、むしろ、悪い時期のほうが多かった。

でも、そんな時期にそのことを奴隷に言ったことはあまりなかった。

仕事の愚痴も、そうそう言わない。

まあ、それに関して言えば、奴隷以外の表の世界で、付き合いのある人にも、私は、愚痴や、批判などを、あまり言うことはない。

奴隷に対しても、家族や、友人などの親しい人達にも、心配をかけたくないという気持ちが働くし、それ以外の知り合いには、そもそも、そういうネガティブな話をして、場を暗くして付き合いたいと思っていない。

それと、もっと、私の私らしい理由からすると、愚痴を話したところで、それを相手が解決してくれるわけでもないのだから、言う意味があまり感じられないから言わないというのもある。

人に言うことで、ストレスが軽減されたり、気が楽になることはあるのかもしれないが、同時に、言うことで相手に心配をかけたと思うとか、気を使わせるほうが、私にとっては、ストレスだ。

できれば、せめて私と会う時くらい、楽しい気分でいてほしいと思う。

それは、友人とか、家族に対してもそうだし、奴隷に対しても、同じだ。


そして、私は自分のことを、さらけ出すことが苦手でもあると思う。

自分をアピールすることがそもそも少ない。

中学生くらいから、そういう自分の性格には、気がついた。

今思えば、自分を出さない人に、他人は寄ってこないと思うから、私がモテないと思い始めたときに、自分の容姿のせいだと決めつけていたけれど、この性格も災いしていたのだろうと思う。


コンピュータのエンジニアなんてしていると、万年肩こりで、眼精疲労、それがひどくなって頭痛になったりもしている。

いつも体調万全というわけではないのは、誰でも、そうだと思う。

それでも、奴隷と会うときに、できる限り、そういうことを悟られたくなかったし、何かができないことの言い訳にしたくなかった。

だから、どうしても会えない体調のとき、それを言わずに、

「今日は、お前を使う気分じゃなくなった」

といって、約束をキャンセルしたことも結構ある。

どっちが、奴隷を悲しませることになるのか?というのは、わからないわけではない。

体調が悪いなら、ちゃんと、説明してやったほうがいい。

それは、わかっている。

例えば、頭痛くらいなら、いいけれど、風邪を引いていたとして、奴隷と会うなら、当然、奴隷と一緒の場所で過ごし、もしも使うなら、私の体液に触れるのだから、奴隷に風邪を移す可能性はかなり高い。

だから、会えないのだと、言えばいいだけなのだ。

でも、私のことで、奴隷に心配をかけることは、したくないというか、私の弱いところを見せたくないというのが、私の意地のようなものだ。


そして、とにかく、自分のことを、自分からは、あまり言わない。

別に、隠したいことがあるわけでもないし、意図的に、言わないようにしているわけでもない。

奴隷が、知りたいと言えば、それは、そのままに話してきた。

聞かれれば、話す。

でも、知りたいと言われなければ、言わない。

自分から、自分のことを、言うことは、本当に少なかった。


それが、奴隷との距離を生んでいたのかなと思う。

これが、もしも、普通の男女の付き合いならば、また違ったのかもしれない。

対等な関係なのだから、相手に、相手のことを聞くというのは、男から女でも、女から男でも、普通にできることだと思う。

でも、主従は違う。

奴隷というのは、御主人様に遠慮して、なかなか、聞きたいことを聞けずにいる場合も多い。

特に、御主人様の、個人的なことに関しては、どこまで踏み込んで良いのか?ということについて、悩んでいたという、想いを、奴隷から聞いたこともあるし、

このブログを始めてからの、ご相談の中にも、

「もっと知りたいけれど、どこまで聞いても良いのか? 聞きすぎてしまうと、主という人達は、嫌がるのではないか?」

ということを、気にして、質問されたことも、結構ある。

だから、奴隷の側からも、御主人様に、何かを聞くことを、遠慮する傾向があるのは、わかる。

もちろん、そんなこともなく、なんでも聞いてくる奴隷もいたけれど、なかなか、踏み込めない奴隷も、居た。


そういう、奴隷というものの、立場を考えるなら、本当は、御主人様である、私の方から、言ってやるべきなのだろうと思うのだが。

それこそ、他愛のない、その日の電車の中で、起きた嫌なこととか、そんな愚痴でも言えばよかったのかもしれない。

でも、私は、そういうことですらも、あまり言ってこなかった。


ただ、奴隷に心を開きたくないと思っていたわけではない。

そもそも、こいつなら、と思わなければ、奴隷にもしないし、自分の性癖を明かしたりはしない。

女を奴隷として飼うくらいのSであったり、パンストフェチであったりというような、私のすごく深いところにある、でも、おそらく、世の中的には、隠しておくべき、素直な欲求を、見せている。

それは、心を閉ざしたり、信頼していない相手には、できないことだと思う。

大きな信頼を寄せているから、好きだと思うから、できたことだ。

だから、奴隷というのは、私にとっては、奴隷である時点で、私の心の中を、見ていい相手であり、むしろ、ちゃんと、私というものを認識しろと、思うのだけれども、

私が、私から、何も言わないから、それが、伝わっていないのだろうなと、思う。


日々の出来事を、少し話すくらいでも、良かったのだろうと思う。

でも、それを私はしなかった。

特に、ネガティブなことは、あまり言わなかった。

奴隷に心配をかけたくないし、調教以外の場面では、笑っていてほしいというのは、私の願いだ。

私のネガティブな話を聞いて、一緒に、ネガティブになってほしくはない。

それは、そうなのだが…。

こういうところ、もう少し、だけでいいから、やれていたらなと思うけれども、やはり、私の性格なのだろう。

本当に、困ったものだなと思う。

でも、奴隷が笑っている顔を見ているのは、楽しかった。


ただ、一つだけ、救いは、奴隷の側で、私のこういう部分を、理解してくれていたところはあったと思う。

「ああ、こういう人なんだ」と、思っていたのは、なんとなく、感じられた。

それだけは、すごくありがたいことだなと思うのだが、それに甘えていた私は、やっぱり、とっつきにくい、御主人様だったのだろうなと思う。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 以前に飼っていた牝奴隷とのことを書いているブログ。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴る。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード