理系Sの牝奴隷には言えない話
”御主人様”、vetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

主従として過ごしている時、SMプレイであったり、一緒に部屋に居るときであったり、電話などで、会話をしているときであったりに、奴隷が発情することというのは、関係が深くなれば、それほど珍しくなく起こる。

その、発情の度合いも、絶頂するほどのこともあれば、性器を濡らすとか、小便を漏らす、涎を垂らすくらいのこと、涙を流すとか、顔が紅潮するとか、体が震える、声の感じが変わるとか、奴隷によっても、その時の状態によっても違う。

また、激しいプレイをすれば、大きく発情して、会話程度だと、発情が少ない、とも限らない。

SMや性処理で、激しくすればするほどに、発情度合いが大きくなった奴隷もいれば、

特に、そういうプレイをしていなくても、少し触れただけで、絶頂するように調教できた奴隷もいたし、

発情するのを、自分で抑えてしまう傾向があって、どんなことをしたときでも、発情するのに、時間がかかった奴隷もいた。

私の接し方もそうだし、奴隷のM性や、性欲、そのときの気分や体調などにも、左右されていたのだろうと思う。

そんな中で、特に感じたのは、奴隷が、主従の雰囲気に、しっかりと入り込んでいる時と、そこまで行けずにいるときとで、同じことをしたとしても、発情の仕方が、大きく違っていたように思うということ。

それから、私が奴隷を発情させて楽しみたいと思って、何かをした時には、そうならず、私が、特にそんな意図もなく、普通に過ごしている時に、発情していたりもする。

奴隷の発情というのは、調教が進めば、ある程度、コントロールできるけれども、完全に私が支配できるものでもなかった。

それを、常に思い通りにできると言っていた御主人様もいたので、できる人にはできるのだろうと思うが、

私にしてみると、こうすれば、こうなる、という、法則が見つけにくいものだったので、なかなかに、難題だなと思っていた。

わかるようで、わからない。

だからこそ、面白いものでもあるし、奴隷の個性を感じられるのが嬉しいことでもあった。

そんな、奴隷の発情条件についての話。

SMプレイをしたり、性処理に使ったりというのは、大きな発情条件の一つであることは、確かだけれど、それは、直接的に、わかりやすいことなので、このエントリーでは、いいとして。

それ以外の、私が、当時、不思議に思ったことについて、主に。


一緒に車に乗って、主従のことでもなく、笑って、普通の話をしていて、信号で、止まったときに、少し肩に手を触れただけで、ビクッとして、しばらく震えが止まらなかった奴隷が、別の日に、SMをしたときには、なかなか、感じることができずにいたことなんかもある。

これについては、しっかりと話をしたかどうか、が、発情条件だったのかな?とは、あとから、思った。

ドライブでは、それなりに長く、話をした、というか、私は聞き役が多いので、奴隷の話をじっくり聞いたあとに、触れた。

でも、後日のSMでは、それほど話をせずに、プレイに入った、という違いはあった。

あとは、車や、遠出という、普段はあまりしないことだったから、奴隷の心境も、いつもと違っていた可能性はあると思うが、それが、条件なのかどうかは、よくわからない。

ともあれ、こういうときに限らず、奴隷の発情条件の一つとして、会話が、含まれているだろうということは、思う。

SMプレイの場でも、実際に、調教を始める前、最初の会話で、良い雰囲気ができると、それは、その後の奴隷の反応に、大きく出ていたように感じた。

会話が雰囲気を作る、のであれば、他に、奴隷に向けた要素、例えば、私の表情とか、仕草なども、雰囲気に関係していたはずなので、それも、発情条件になるのだろうなと思う。

こうやって、いろいろな条件が組み合わさって、SMが、作られていく。こういうのを考えるは、とても楽しい。

また、会話もなしに、いきなりSMをする人もいるので、それはそれで、おそらく、会話をしない、ということが、発情条件なのだろうなと、思った。

こういうふうに、いつもしていること、されていること、それがその主従の当たり前になり、発情条件にも、なっていく。

これが、調教を重ねていくことで、生まれる効果の一つだと思う。

また、いつもすることが決まっている場合、たまに違うことをすると、それが、アクセントにもなる。

そういう、ギャップが、発情する条件になっている奴隷もいると思う。

ただ、あくまでも、私の主従の場合、なのだが、たまに違うことをすると、奴隷が、それに驚いて、発情するよりも、不安になるようなこともある。

奴隷の中で、不安が勝ってしまうと、当然ながら、雰囲気に入ることが、難しくなる。

だから、違うことをするというのは、必ずしも、発情条件になるわけではない。

奴隷の性格や、サプライズで、うまく雰囲気を作れる御主人様にとっては、驚かせることで、一気に、発情させることもできるのかもしれないが、それは、私は、うまくないのだろうなと思う。

だから、奴隷の性格や、性癖の違い、また、その主従によって、調教の仕方が変われば、奴隷の発情条件も変わってくる。


また、もう少し直接的に、SMについての話というのが、奴隷のM性や性欲に作用していることは、普通の会話よりはわかりやすいことではあった。

別に、エロ話を、それっぽくする、ということではなく、その奴隷が経験したことがないSMプレイについて、私がやったり、知っていることがあれば、どういうものなのか?と、淡々と説明しているだけでも、奴隷の発情条件になり得る、ということ。

話をしながら、したことのないプレイについて、奴隷に想像させる。

「お前は、〇〇をされたら、どんな感じだと思う?」

という風に考えさせる。

そして、奴隷が想像し、語る、その場面を一緒に想像し、共有する。

それだけでも、奴隷が濡らしたりする。

私も驚いたのだが、縄をかけてもいないのに、縄酔いのようになったこともある。


また、すごく簡単な例だが、洗濯バサミで、責めるような話をしたとして、後日、買い物などにでかけて、日用品の売り場に売っている、洗濯バサミの前で、奴隷がしゃがみ込むようなこともあった。

これは、地雷のようなもので、事前に仕掛けておいて、後で触れると、発動するような、発情条件かなと思う。

これについては、私としては、仕掛けたという、自覚がないことが多かったりする。

たまたま、奴隷と買い物に行って、日用品の売り場の前を通っていたときに、奴隷が唐突にしゃがみ込むから、何があったのか?と思って、最初はびっくりした。

奴隷が、

「こ、これ…」

と、必死で、洗濯バサミを指差すから、

「お前、家の洗濯バサミ、足りないのか?」

と、素で、聞いてしまう。

私には、仕掛けた自覚がないというか、そもそも、洗濯バサミを使ったSMプレイについて、説明したことも、忘れていたりする。

そういう説明は、何度でも、していたし、奴隷に聞かれれば、似たようなことでも、話していたから。

でも、奴隷はちゃんと覚えていて、その話から想像したことを、売り場の洗濯バサミから思い出して、発情してしまっている。

「いえ、このこと、おっしゃってましたよね…」

「ん?」

「だから…」

「あぁ。そう言えば、前に、洗濯ばさみの話、したな…」

と気が付き、奴隷のあまりにも大きな反応に、私が驚いたりする。

しかも、それを私も、口に出して、言ってしまうものだから、余計に、奴隷の発情に拍車をかける。

というようなこともある。

私は、奴隷が主従のことや、SMのことをよくわからない場合には、事前に説明しておくことが多いので、

そこで、いつの間にか、奴隷に、地雷を、結構仕掛けてしまっていたのだが、仕掛けておいて忘れているという、私のせいで、厄介なことになる、発情条件もあったりする。

SM器具については、専用のものを使う場合が多かったが、用意が間に合わなくて、身近なもので、代用することもあったし、

「お前には、これで、十分だ」

という意味で、あえて、100均などにいき、安く手に入るものを使うこともあった。

だから、こういうことが起こったりもする。

これはこれで、面白いのだけれども、表の世界に影響が出る場面もあるので、少し困った、発情条件でもあるなと思う。

また、こういう、表の世界の場所ではなく、実際のSMプレイのときにも、仕掛けた地雷が発動することはある。

私が、SM器具を何か手に持ったり、奴隷に、用意させたりするとき、それを、使う前、奴隷がその器具を見ただけで、発情していることなんかもあった。

もちろん、これからSMをするのだという雰囲気もあったとは思うが、事前に、その器具を使った調教についての話をしていたことも、影響していたのだろうと思う。


そして、奴隷の発情条件として、大きな比率を占めるものに、私の状態、というのもあるのだろうなというのは、思った。

私が、体調が悪いとか、疲れているとか、あまり、元気に見えない場合には、奴隷も、発情しにくいように感じた。

また、表の世界の何かのせいで、考え事をしていたりして、精神的に、落ち着かなくて、奴隷といても集中できていないときなんかも、そうだったかなと思う。

そもそも、奴隷の前では、普段も、そんなに元気に振る舞っているわけでも、ニコニコしているわけでもないので、私としては、いつもと変わらないつもりで、接しているのだが、不思議なことに、奴隷は、そういうことには、結構、気がつく。

そして、奴隷は、私を心配してくれた。

でも、私を心配するときの奴隷は、発情条件を満たせないことが多い。

やはり、私が、普段と違う、ということは、色々な不安を、奴隷に与えたのだろうと思う。

そして、それは、発情条件を崩してしまう、大きな要素になったのかなと思う。

もしかしたら、奴隷にとっては、一番良くなかったことなのかもしれない。

御主人様が、元気に、いつものどおりの御主人様でいることで、奴隷も、安心して、雰囲気に、入ることができ、思いっきり、発情することも、できるのかなと思うと、

御主人様というのが、奴隷にとっては、良くも悪くも、一番大きな、発情条件なのだろうなと思う。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 以前に飼っていた牝奴隷とのことを書いているブログ。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴る。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード