理系Sの牝奴隷には言えない話
”御主人様”、vetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

シンプルな、なんて書いて、自分でハードルを上げておいて、結局、そんなふうには書けないのだが…。


私が、このブログを始めてから、メールなどでお話しする中で、多くの方からいただくご質問が、いくつかあるのだが、その中で、かなり、難しいなと思うものが、

「主従の世界は、どんな感じなのですか?」

とか、

「主従って、こういうものなのですか?」

というもの。

これ、主従の世界を知らないM女から、聞かれることが多いと思われるかもしれないが、主従の世界に足を踏み入れた奴隷から、聞かれたことのほうが多い。

思っていたのと違う、とか、自分の主従がこれでいいのか?とか、主従になってみてから、そういう疑問を持つ奴隷が多いのだろう。

もちろん、入ったことのないM女からもいただくので、”主従関係”といっても、なかなか具体的にイメージできないものなのかもしれない。

こういう、ご質問に対して、お返事をするとき、私は、結構、考える。

理由は簡単で、私は、幸か不幸か、いろいろな主従を見てきてしまったから。

あまりにも、千差万別で、変わった人(私には、理解できないレベルに到達している人…)が多すぎるから。

だから、「これが、主従の世界ですよ」、といえるものがなかなかない。

でも、満足いただけているかどうかはわからないけれど、それなりにお返事できているような気がするのは、

お話をさせていただく、奴隷や、M女が、主従に望んているものが分かるときや、

それに近い主従を見たことがあるときなどは、少し、書けているように思えるからだ。

そんな答えに共通するものってなんだろう?と思うことはあったのだが、思うだけで、なかなか、まとまらずにいた。

ただ、全部まとまらないまでも、少しは、言えることはあるのだなということを、最近思うようになったので、エントリーにしてみる。


シンプルに、と書いたので、なるべく、シンプルに。

「御主人様の作る世界が、奴隷にとっての主従」

だと、私は思っている。

「御主人様が、いいといったら、それでいい」

でも、いいかもしれない。


そういう、世界。

世界と書くと、抽象的なので、御主人様の態度や考え方であったり、奴隷への躾の仕方であったり、調教方法であったり、やりたいと思う、性処理や、SMプレイの種類であったり、奴隷との普段の接し方であったり、連絡の取り方、話し方、等々を全部合わせたもの。

とりあえず、毎回これを書くのが大変なので、以後、”世界”と書くけれど、御主人様が、やろうとしている世界が、その二人にとっての、奴隷にとっての、主従の世界だと思えばいいと思う。

また、御主人様が、奴隷を自分の奴隷だと認めているなら、奴隷は、その世界に、しっかりと居場所がある存在だということ。

御主人様が、いいといったのだから、御主人様が、認めた場所が、ちゃんと、そこに、あるということ。


シンプルに、と言っているなら、ここで、エントリーを終わると、潔いのだろうけれど、私は、まったく潔くない人間なので、これについて、思っていることを書かずに、エントリーを終わることは、やはりできない。


まず、主従の世界というのは、御主人様ごとに違う。

躾や調教の仕方から、好むSMプレイ、奴隷との接し方、奴隷との過ごし方など、望んでいるものは、御主人様によって、まったく違う。

だから、主従の世界を、御主人様の作る世界だと言った。

これは、ある程度、分かると思う。


そして、同じ御主人様でも、必ずしも、その世界が、ずっと、不変なわけでもない。

もちろん、最初から最後まで、不変の人もいる。

もう、これ以外やらないと、決めて、経験を積もうと、奴隷が変わろうと、まったく方針を変えない人もいると思う。

でも、私は、初期のころと、いろいろな主従を見てからと、自分のしたいことがわかってからとで、かなり変わっている。

また、その時の奴隷によっても、変わっている。

奴隷によって変わるということを、認めたくない御主人様は多いと思うけれども、少なからず、奴隷に影響を受けているのは確かだと私は思う。

実際、心を寄せて、奴隷に向き合うのだから、奴隷の向けてくる心に何も反応しないということは、私はなかった。

だから、奴隷によっても、主従の世界というのは、変わってくるものだと思っている。

奴隷に影響されたと思うと、悔しい気持ちがないわけではないけれど、奴隷と一緒に楽しむこと、奴隷と幸せにやっていくために、主従になるのだから、それは正しいことだと私は思う。

私も奴隷に対して、自分が変わったとはあまり言わないけれど、でも、奴隷によって変わった自覚はある。

変わったと言っても、奴隷がしたいと思うSMプレイを、奴隷の言いなりになって、奴隷が喜ぶことだけをするようになったとか、そういうことではない。

部屋で過ごすときに、私が奴隷を見下ろす位置、奴隷が私を見上げる位置にいるようにさせるのは、今まで過ごしたどの奴隷との時でも変わらない。

プレイで言うなら、私の縛り好きも変わらない。首輪に強いこだわりがあったりするところも、同じだ。

フェチも変わらず、奴隷にスカートにパンスト姿を、なんとなく、微妙な感じで、強要する、態度も変わらない。

最近、聞くことが多いけれど、主従といいつつ、普段は、彼氏彼女のように過ごし、セックスの代わりにソフトなSMをするような考えはなく、

やはり、主従としての立場の差はいつも保つことなども、変えたことはなかった。

そして、奴隷のことを受け入れていたい、奴隷の気持ちを深く知っていたいというのは、ずっと思っている。

調教や躾、SMプレイをする時間も、当然大切に思うけれど、まずは話をする時間などをしっかりとること。奴隷を受け止めること。それは、私が望んでいることだ。

奴隷に対して、気持ちを寄せてしまうほうだから。これは、変えようがない部分なのだと思う。

でも、私の側から、連絡とかを頻繁にとることがなく、調教の時間以外に、強く迫ることもあまりない。

奴隷といても、静かに過ごすことも多い。

だから、寂しいとか、奴隷によっては、自分に興味を持たれていないのではないか?とまで思われてしまうことも、多々あったのも、変わらない。

これは私の困ったところなのだが…。

こういう、変わらないところは、たくさんあるけれども、奴隷の性格や、M性、性欲によって、調教や、躾の方法を変えるというか、自然に変わっていくというのは、今までも経験してきた。

あとは奴隷の置かれた状況なんかでも、違う。

頻繁に会えた奴隷もいたし、遠かったり、仕事などの時間が合わなかったりで、会う機会が少ない奴隷もいたから、それに関しては、また違う方法で接していた。

だから、私の、主従というのは、私が作るものではあるのだけれども、奴隷によって、また、私や奴隷が置かれた状況よって、変わるものでもあったと思う。

その変化することも含め、私の作る世界が、奴隷との主従の世界だったのだなと、思うし、どの奴隷のときでも、私が私として、作った世界に、満足していた。

それは、つまり、奴隷に満足していた、ということ。

なんで、わざわざ、こんな書き方をしているか?というと、主従の世界とは、どんなものか?という、ご質問について、答えるときに、私はこうだった、という答えを一つの例として、書くことが多いから。

私はこうなのだけれども、きっと、あなたの御主人様や、あなたが、気に入っている御主人様候補、また、候補もいないけれど、あなたが望み、思い描く世界は、私と似たところは、あるかもしれないが、別の主従の世界であると思う、ということを言いたい。

そして、これは、決まった主従の世界など、無いと言っているのとあまり変わらない。

そもそも、主従関係だからといって、これをしないといけないとか、これはしてはいけない、という決まり事などない。

二人にとって、良いことをすればいい。少なくとも、御主人様が作る世界に、異論なく、没入できるなら、そこに楽しみや、快感、幸せを感じられるなら、

それが、一般的に言われるところの、主従というものから、かけ離れていたとしても、あなたの御主人様にとっての主従であり、同時に、あなたにとっての主従でもあるのだと、胸を張っていいと思う。


もちろん、主従と言われる世界の、なんとなく、こういうものという枠組みみたいなものはある。

主従とは、こうあるべき!のようなものや、セオリーがあることも、知っている。

だから、私がしてきた、奴隷との関係を、”主従関係”である、と言って、こんなブログを書いていられる。

主従の世界というものに、なんの基準もないとは言わない。


でも、たとえ、主従世界に入りたいと思って、御主人様を見つけたとしても、その御主人様の作る世界が、心地よいなら、それが、主従の王道から外れようと、もしかしたら、主従というものの枠からはみ出していようと、

御主人様がそれで満足していて、奴隷もその世界に満足できたなら、もう、それが主従であるかどうか?という基準に当てはめて、合っているとか、合っていないとか、考える必要もないのだろうと私は思う。


ただ、こう書いているけれども、ご相談をいただく、ということは、それを気にする、M女や奴隷が聞きたいのは、こういうことではない、というのはわかる。

つまり、御主人様から提示された世界や、その中の一部が、なにか違う、違和感がある、どうしてもなじめない、嫌だ、不安だ、満たされない、と思うから、

御主人様のしていることは、本当に主従なのか?と疑問になって、誰かに相談してみようと考えるのだと思う。

私も、主従を始めたときに、たくさんの人に、相談したから、わかる。

自分がしていることが、なんかしっくりこないとき、それが、主従での、”普通”なのかどうか?がすごく気になった。

でも、しっくりこない時点で、それが主従の普通なのかどうか?なんてことは、どうでもいいことなのだと、後から気が付いた。

それが、たとえ、主従の普通であったとしても、自分に合わないなら、それは受け入れがたいことだ。

もちろん、そのことを何回も繰り返していくうちに、心地よく受け入れられるものになっていく場合もある。

SMプレイでも、最初は痛いだけで、何の快感もなかったとしても、繰り返すうちに、気持ちよく受け入れられるようになるものも、ある。

でも、違和感がいつまでもぬぐい切れないもの、どのように考えたとしても、納得できないものは、それが、主従の普通であったとしても、きっと合わないものなのだろうと思う。

プレイの例を出したが、奴隷にとって、違和感を感じることが多いのは、きっと、御主人様の対応のことのように思う。

例えば、私もそうなのだが、自分からあまり奴隷に連絡しない。とか、そういうコミュニケーションに関すること。

これは結構、よくある、奴隷の悩みかもしれない。

奴隷は、主従という世界での、御主人様とは、あまり話さないもので、それが普通なのかもしれない、と思いつつも、御主人様からなにもないと、やはり不安になる。自分でいいのか?と、悩む。

私も多分、あまり、自分から言わずに、奴隷を悩ませた側なのだと思うので、書いていて、すごく、反省しているところではあるのだが…。


少し、話がそれた。

御主人様の作る世界が、奴隷との主従の世界であるというのは、確かだと思うけれど、それが、合わないものなら、その世界に、変化をつけてもらうようにお願いすることは、できると思う。

また、御主人様の作る世界が主従の世界なのだから、主従関係を結ぶときには、やはり、望む世界が合う人を探すことが、一番重要になるのだと私は思う。

それが、”主従の普通”かどうか?という基準ではなく、”自分に合うかどうか”で、変化を願ったり、御主人様を選ぶものだと、私は思う。


そして、奴隷の側ではなく、御主人様の側からも思うことがある。

一番よく思ったのは、御主人様が、作る世界なのだから、御主人様が、それでいいと言ったなら、奴隷が、自分はダメだとか、自分では至らないだとか、勝手に決めるなということ。

頂くご相談で、これも、多かったりする。

「私では、だめなのでしょうか?」

「私は、御主人様を満足させられていない…」

と。

奴隷が、そこが心配なのはわかる。

自分が、御主人様を満足させられているのか?というのは、奴隷の最大の関心事だと言ってもいいと思う。

でも、それは、あくまでも、御主人様が決めることだ。

御主人様が、良いというならそれでいい。

奴隷と作る世界に満足しているのであれば、それで、まったく問題はない。

御主人様が、奴隷と作っている世界が、いいと思っているということは、その世界の中で飼われている奴隷も、それでいいと思っているということ。

奴隷が、本当に今の自分でいいのだろうか?と、考え、もっと良いものを目指す、というポジティブな意味合いなら、まだいいけれども、

御主人様が、いいというのに、奴隷が、勝手に、自分ではダメだと、悩むことではないと私は思う。

私も、自分の奴隷に、

「勝手に、奴隷失格だとか、言うなよ。お前の価値を決められるのは、お前ではなく、俺だけだ」

と言ったことが、何回もある。私が認めた奴隷なのだから。私が良ければ、それでいい。

そう思う。


シンプルにと言いつつ、やっぱり、長々、書いてしまった。

主従の世界とは、どういうものか?ということで、なんとなく、こんな感じの枠、というものも、セオリーも、あるのはわかるけれど、

結局のところ、それぞれの御主人様が作る世界であり、奴隷の影響を受ける御主人様なのであれば、御主人様と奴隷で作るものが、その二人にとっての主従世界だ。

それが、主従の世界の普通なのか?を気にすることよりも、自分にとって心地よく居られる場所なのか? 望む場所なのか?のほうが、重要だと私は思う。


私なんかが、良い例だ。

パンストフェチの私を満足させるために、いつも、そんな恰好で居続けるように仕向けられていた(というよりも、仕方ない御主人様だなぁ…と苦笑いして、きっと、呆れて履いてくれていた)、私の奴隷たちが、それを”主従の普通”だとは、絶対に、思っていなかったと、私は思う。

それでも、奴隷が、私の世界にいてくれたのは、私が作る世界を、少なくとも、嫌ではないと思って、主従の世界だと認めてくれていたからだったと思う。

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2020/01/02 13:34] | [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 以前に飼っていた牝奴隷とのことを書いているブログ。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴る。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード