理系Sの牝奴隷には言えない話
”御主人様”、vetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


調教の時など、奴隷とだけ過ごしているときと、外出時など、奴隷と一緒にいるけれども、周りに他の人がいるときで、奴隷への接し方、特に、私から、奴隷に対しての言葉が違う。

もう少し、細かく、躾や調教の時、性処理やSMプレイをしている時と、奴隷と二人ではあるけれども、部屋で食事をしていたり、ゆったり映画を見て過ごしているような時とでも、微妙に違う。

私自身は、変えたくないと思っているのだが、いつのまにか、変わっていたことがある。

また、変えないといけないのだろうなと思ったこともある。

これは、最初、かなり迷ったし、実際には手探りだった。

私は、「奴隷とは、常に主従」と、早いうちから思っていたものの、この”常に主従”を通せない時間というのも、奴隷と過ごす中には存在することが分かって、慌てた、というのが、一番正しい。

この、手探りだったころは、面白い。

今だから、あの頃を思い出して、面白い、などと苦笑できるけれど、当時は必死だった。


まず、調教の時間、SMをし、性処理に使ったりしているとき、については、悩むことはなかった。

その間は、しっかりと主従で、御主人様として、存在することを、躊躇しなくて良かったから、言葉も、御主人様として、奴隷に向けるもの、そのままだったし、初期のころは、御主人様らしくあることを、ものすごく意識していた。

意識しすぎて、色々とやらかした話は、ブログの中にたくさん出てくるけれど、とにかく、御主人様として、奴隷の前にいる、というだけで、特に何も変えなくて良かった。

ここは問題ない。

でも、問題はそれ以外の時間。

まずは、奴隷と一緒に外に出たとき。

私の中に、主従でいよう、御主人様らしくいよう、という気持ちがありつつも、ノーマルな世界と関わるときには、主従の世界を、不用意に、匂わせても、いけない。

こういう、すごく、中途半端な位置取りをしていた。

主従関係を持つときには、主従という、裏の世界と、普段の生活や仕事などの、表の世界、この表裏の線引きを、きちんとしなければという思いがあった。

裏の世界のことが、表の世界に知れてしまうと、最悪、表の世界が崩壊する。

表の世界なしに、裏の世界を存在させることは、個人の主従関係の場合には、無理なことだ。

それは、わかっていたから、奴隷にも、その線引きをしっかりするようにということは、言っていた。

だから、私自身も、その意識はちゃんと持っていた。

こういう意識があったから、だと思うのだが、表の世界の中を、奴隷と歩くとき、たまに、私は変なことになっていたのだろう。


電車に乗って、目の前に座る奴隷に話しかけるとき、

「○○(奴隷の苗字)さん」

と、呼んだことがあった。

また、混んでいる電車で、席が空いた時に、

「席、座ってください」

とか…。

仕事の相手に言うように、話しかけてしまったこともある。

外に出て、周りに、表の世界が広がっていて、その中にいると、私の中の、表裏切替機が、いつのまにか、表側になっていて、つい、言ってしまったものだ。

たまに出る言葉。

でも、奴隷にも、表裏切替機を持たせてある。

そして、奴隷のそれは、電車に一緒に乗ったとしても、私の前にいるときには、裏側になっている。

裏側といっても、周りに人がいることを想定した状態の裏側だ。

でも、裏側は裏側なので、奴隷は、奴隷。

だから、私のそんな言葉に、目を見張る。

「ど、どうなさったのですか?」

と、びっくりするくらいなら、まだいい。

私の一言だけで、不安になる奴隷もいた。

”苗字にさん付け”で、呼ばれるなんて、奴隷らしくない呼ばれ方。

御主人様の私から、奴隷に対しては、絶対に出ないはずの言葉。

「奴隷に、苗字なんてあるわけないだろ」と言って、名前しか呼ばなかったから。

奴隷にとっても、私が、苗字など呼ばないし、”さん”なんて付けないことが、当たり前になっていたところに、そんな風に言われるものだから、

奴隷であることを、否定されたかのように、私に捨てられたのではないか?と、感じたようだった。

「そんな、どうして…」

と、泣きそうになっていたこともある。

そして、さらに悪いことに、私の発言が、奴隷の、問題発言を誘発することもあったりする。

「”御主人様”、どうされたのですか?」

心配になって、高い声で、こう返してきたりする。

電車の中で、”御主人様”なんて言われると、もう、隠しようがなくなる。

せめてもの救いは、周囲に、私や奴隷の、表の知り合いが、いないことくらいだ。


私から、たまにこういう言葉が出てしまうと、奴隷も、それに反応してしまって、状況を悪くする。

これは、発端が私なので、もちろん、奴隷に非はない。

最初のころの私は、たまに、こういうことをしてしまっていた。


今思うと、私は、主従の世界のことを、強く意識しすぎていたように思う。

彼氏、彼女の関係でも、相手のことを、名前で呼び捨てすることは、普通にある。

だから、私が電車の中で、奴隷を呼ぶなら、普段通りに呼べばいいだけだ。

それで、問題ないのに、主従的なものを出してはいけないと強く思うがために、”苗字にさん付け”なんてことになったりしていた。

言葉遣いにしても、親しい間柄なら、電車で席が空いた時に、

「そこ座れ」

とか、言うのも、別に、おかしなことではない。

普通に考えると、そうなのだが、たまに、それを忘れて、上記のようなことを言ってしまって、奴隷を困惑させることがあった。


外に出ない時、ホテルなどで、SMや性処理をしたあと、時間があれば、ゆったりお茶を飲みながら過ごす時間は、とっていたし、

奴隷や、私の部屋にいるときなどは、調教をしている時間よりも、生活感のある時間のほうが、おそらく長かった。

その時も、私は御主人様ではあるのだが、調教中のように、奴隷が、何か言うことすら難しいような、厳しい雰囲気にはしていなかった。

首輪などは付けたままだし、気が向けば、性処理に使ったり、いつでも調教に移行することはあるにしても、調教中とは、少なくとも私は違っていた。

そういう、ゆったり過ごすとき、というのは、奴隷と話をする時間でもあると思っていたから、私は、奴隷のおしゃべりを止めたりもしなかった。

むしろ、私は話さないほうなので、奴隷が話してくれることは歓迎だった。

その時は、当然、奴隷と私だけだから、主従の時間ではあるのだけれど、そうやって、調教時よりも、奴隷へ向ける、S的な雰囲気を弱めている時間ではあった。

だから、たまに、そういう言葉が出てしまっていたのだろうと思う。

多かったなと思うのは、奴隷が、食事の準備などしているときだ。

何かを落とした音などがすると、やっぱり、心配になって、声をかける。

「どうした?」

と聞くときは、いい。

「大丈夫?」

なんて、言ってしまったことがある。

こうして、文字にすると、別に問題ないように見えるかもしれないが、この「大丈夫?」は、表の世界での口調で言っているので、奴隷には、かなりの違和感があったのだろう。

「大丈夫か?」

なら、まだ、良かったのだろうが…。

前にブログに書いたが、私は、奴隷に対して、「足を舐めて、ごらん」とか、「オナニーをしてみなさい」という感じで、「ごらん」「なさい」のような、上品?な口調も、使わない。

基本的に、調教時は、「~しろ」、とか、「~だろ」、とか、言い放つ感じの口調で、奴隷に接するタイプなので、

私が、「大丈夫?」なんて、優しい?口調になってしまうと、奴隷は、かなりの違和感を感じたのだと思う。

もしくは、口調自体よりも、それを言った私から発せられた雰囲気が、普段の私らしくなかったのかもしれない。

二人だけの空間で、しっかりと、主従として、過ごしているにも関わらず、こんなことを言われると、奴隷は、やはり困惑する。

むしろ、私の、この言葉のほうに驚いて、皿を落としそうなくらいに。


こういうことは、主従の経験を積むごとに少なくなっていったものではあるけれども、後のほうでも、完全になくなったわけではない。

表の世界と、裏の世界を切り替えている以上、こういうことは、ある。

それも、主従の面白いところではあるのだろうと思うのだが、奴隷の敏感さというのは、すごく、感じていた。

私の言葉一つに、奴隷は、色々なことを思う。

一喜一憂する。

そんな姿を何度も見てきた。

それを、愛おしいと思った。

でも、そのことは、しっかりとわかっていないといけない。

奴隷にとって、御主人様の言葉の持つ意味、重さを、ちゃんと考えることも、同時に大切なことだ。


そして、それは、奴隷だけではなくて、私にとっての奴隷の言葉や行動も同じ。

たまに出てくる、奴隷の驚くような言動に、いちいち反応している素振りは、意地でも、出さないように(こらえきれなくて、笑ったことなどもあったが…)していたし、

私から何かを返すことは少なかったけれど、私も、奴隷に、一喜一憂していたし、それが、奴隷と過ごす時間の中の楽しみの一つだったと思う。


はじめまして!昨日見つけて徹夜読みです。
私も奴隷だったことあるんでウンウンってなってます。
vetさんって優しいですね。私の主も優しかったですけど。重なりました。
これからも楽しみにしてます!
[2019/10/08 11:05] URL | すず [ 編集 ]

すずさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

徹夜で読まれて、この時間までですか…。体力ありますね。
私のブログ、そんなに、じっくりと、読んでいただけて、嬉しいです。
でも、分量も多くなっておりますし、主従ブログとしては、おかしなことばかり書いている、ブログなので、寝不足にならない程度に、ゆっくり読んでいただければ、何よりです。
私が優しいとは、自分ではあまり思っていないので、なんだか、照れくさいですけれども、すずさんの、元?の主様と重なることがあるなら、書いて良かったなと思います。
ゆったり更新ですけれども、お付き合いいただければ、幸いです。
[2019/10/09 10:22] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 以前に飼っていた牝奴隷とのことを書いているブログ。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴る。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード