理系Sの牝奴隷には言えない話
”御主人様”、vetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

昔から感じていたことで、今でも、ほぼ同じように、思うことがある。

SとMのこと。

Sは、サディズムや、サディストで、Mは、マゾヒズムや、マゾヒスト。

そういう”性癖”や、その性癖を持つ人を指している。”嗜好”ということもある。

SとMで、主従関係を結べば、御主人様と奴隷とか、主と家畜とか、飼い主とペットとか、呼び方は様々だけれども、立場に明確な差を作り、

その行為の強さや、肉体的になのか、精神的になのか、その両方なのか、は、人によるけれども、基本的に、SMをする。

私が、このブログで、また、これまでの主従関係の世界の中で、この言葉を使うときの認識というのは、おおむね、こういうものだ。

たまに、少し違う意味で、使うこともあるけれど、おそらく、主従の世界で使われるところの、オーソドックスな意味合いだろう。


でも、このSやMという言葉には、多分、すでに、別の意味があると、思っている。

おそらく、私が、主従の世界に入る以前から、あったと思うし、それはさらに、多様な使われ方をするようになってきているように思う。


もっと表の世界に近い意味。

気が強く、自分を譲ることの少ない、誰かに対して強く当たることのできる”性格”をS、

気が弱く、誰かの顔色をうかがったり、誰かに流されたり、なにか言われると断わりきれないような”性格”をM、といった感じ。

家庭的という意味で、Mという言葉を使う人もいたり、ただのわがままを、Sだといい切る人がいたりもする。

それから、自分から、大変な仕事とか、厄介ごとの解決をしようと、がんばる人や、その”状況”を、M、そういう事柄を、押し付け、他人に回す人や、そんなことになっている”状況”を、Sと言ったりしているのも、聞く。

これは一例だけれども、こういう使われ方があるというのは、見聞きして、感じていたことだ。

それが、悪いとは思わない。

言葉というのは、時と共に、どんどん、変化していくものだから。

嘆かわしいとか、思うわけではないのだけれども、ややこしいとは思う。

少なくとも、同じSやMで、主従世界と、主にノーマルな世界とで、ここまで意味が違うと、私は、困るから、できれば、別の言葉があるといいなと思う。

日常で、びっくりすることが結構あったから。


私には、主従の世界だけに、友人、知人がいるわけではなく、学生時代からの友人も居れば、趣味絡みや、仕事から付き合いが始まった友人、知人も居る。

それは、主従の世界に関わっている人、誰でもそうだと思う。

主従以外の、ノーマルな世界にも、知り合いや、友達がいるのは、自然なことだ。

でも、そういう知り合いと、話をしているときに、

「最近、自分のこと、Mっぽいなと思うんだよね」

とか、普通に出てくるときがあったりすると、内心、ビクッとするのだ。

私の苦手なM男だったのか、と。

(ちなみに、M男が嫌いなわけではないし、話をしないわけでもない。私の知らない、話をたくさん持っているのは、M男だったりするので、話すのは面白いと思う。人としては、別にいいのだけれど、性癖的に、飼うこともできないし、共感することもできないので、苦手という意味だ)

でも、その人の言うところの、Mというのは、別に、女王様に踏まれたり、鞭打たれるのが好きとか、そういう意味ではなく、

「子供生まれてから、(奥さんに)強く言われると、言い返せなくなってるんで…」

という、愚痴や惚気だったりする。

それを聞いて、私は、ほっと胸をなでおろす。

なんてことがある。


世間一般に、Sとか、Mという言葉が浸透し始めたのがいつなのか?は私はわからないけれど、上で書いたような、

性癖として語られるSやMと、性格や、その時の状況判断の仕方などを指して語られるSやMは、もう違う言葉だと、私は認識している。

それでも、会話の中で、そういう言葉が出てくるとハッとするので、厄介だ。

それは、別に今に始まったことではないし、頻繁に出てくることでもなく、私が、主従の世界に入った後で、たまに、耳にするというくらいの言葉ではあるのだけれども。

「俺、気が強いんだ」と言うよりも、「俺、Sっ気あるから」という方が、今は、言いやすいのかもしれない。

Sと言われると、自分も含め、楽しげに人の頭を踏みつけるサディストの方々を、Mといえば、貶められるほどに陶酔するマゾヒストの方々を、反射的に思い描く私には、別の意味で言われる、SやMという言葉には、いつまでも、驚かされる。

主従の世界で語られるのとは違う意味があることを否定しているのでも、知らないのでもないのだが、ノーマルな場面では、大抵、唐突に、しかもなんだか、すごく自然に(私にしてみると、違和感があるのだが、言っている本人は)、使われるから。


また、性格と、性癖は、全く関係がないとは言えないようにも思っている(これはまた、いろいろと思うところがあるので、別のエントリーにして書こうかとは思うのだが)。

従順な性格のM、自分本意なSは、普通にいる。ある意味、イメージ通りだとは思う。

でも、SやMと言われる性格とは、真逆な、性癖を持っている、サディストにも、マゾヒストにも出会ったことがあるから、

そういう経験もまた、私にとっては、SとMに別の意味があることを、ややこしいことにしているのだなと、苦笑するところだ。

私は、表の世界で、自分から、Sとか、Mという言葉を使うことは、ないけれど、話し相手が使ってきたときに、それを聞く機会はあるから、その時に、ふと、別の言葉があったらいいのかなと思ったりもする。


それから、ネット上の主従の話で、ソフトな、SMを楽しんでいる人達だったり、主従といいつつ、普段は恋人のように過ごす人達のような、セックスとSMの中間、主従と恋人の中間くらいの関係なんかも、よく見かけるようになった。

そういう人が、以前から、居たのは知っている。

オフ会などでお会いしたこともあるけれど、そういう辺りの人達の話を、ネット上で、拝見すると、そこに書かれている、SやMという言葉が、何を指しているのか? はっきりと、わからないことがある。

同じようなところにいる人達には、伝わるのだろうから、私がわからないことは問題ではないのだが、多分、私の思うニュアンスと、違う感じで使っているのだろうなというのは、感じることがある。

以前に、オフ会でお会いしてお話をしたり、また、そういう方から、メールなどいただくこともあるので、そこで、直接お話すると、どんな主従(恋人)感なのか?というのは、わかるのだけれども、

そういう機会がなければ、どのあたりのことを、言っているのかな?と、思うことはある。

全く予測もつかないということではないのだが、どのくらいのことを指しているのか?というのを、知りたいと思うことはある。

こんな感じで、表の世界だけではなく、主従の世界の中ですらも、人によって、SやMという言葉の使い方や指す方向は、少し違う。

重さも違う。

そこが、多分、その人の、主従やSMに対する考え方とか、性癖の傾向なのだろうなと思う。

だから、主従世界を歩くとき、SやMという言葉を使っている人が、どんな意味で、どのくらいの重さで、使っているのか?を理解すると、

その人の主従感だとか、性格だとか、相手に望むことだとかが、わかりやすいようにも思う。

もしも、実際に主従になろうと思って、相手と話をしている時なら、その人の考える、SやMの意味を聞いてみると、その人のことが、より理解できるかもしれない。

こういう風に考えると、SやMという言葉だけでも、その人の主従に対する思いの強さ(主従ですらない人も含め)が、見えるのは、面白いものでもあると思う。

私は、そういう風にも思うので、SやMという言葉に、多様な使われ方があることを、嫌悪しているわけでも、嘆いているわけでもないのだが、

やっぱり、私としては、ノーマルな世界で、普通に使われると、びっくりするので、せめてノーマルな世界と、主従の世界で、違う言葉であってくれたらいいのになと思う。


ただ、昔から、少しいたけれど、最近、主従の世界で、SやMではない、別の言葉を使っている人をちらほら見かける。

それは、まだ、SやMという言葉を超えるほど浸透していない気もするけれど、これから、そういう言葉が、どう使われていくのか?も、楽しみなものだと思う。
















管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 以前に飼っていた牝奴隷とのことを書いているブログ。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴る。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード