理系Sの牝奴隷には言えない話
”御主人様”、vetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

今回は、連絡的なエントリーになりますが、主従や、SM関係のことを調べたくて、ブログなどを、色々と見て回る方には、多少、参考になるかもしれないお話です。


まずは、このブログの話。

私は普段、パソコンでしか、自分のブログを見ないので、気が付いていなかったのですが、スマホで閲覧している方から、ご質問をいただいたので、自分でも、見てみまして、その、現状と、対策についてです。


このブログ、レンタルブログなのですけれども、アダルトカテゴリで、借りております。

そして、アダルトカテゴリの場合、スマホで見ると、通常は、ブログに、かなりのアダルト広告が表示されます(広告ブロックアプリなど使われている方は、多少、見え方が違うと思いますが)。

アダルト以外の通常カテゴリだと、ここまでたくさんの広告は、出ないようです。

実際、同じレンタルブログの中の、猫ブログとか、スマホで見てみましたが、確かに、広告が少なかったですので、羨ましい限りです。

ただ、SMとか、主従とか、こういう内容である以上、規約上も、モラルとしても、通常カテゴリに書くわけには、いかないですから、このブログが、アダルトカテゴリをやめることはできないんです。


レンタルブログを提供している側は、広告料も収入源として、運営しているので、このブログに、広告が表示されるのは、当たり前なのですが、

スマホで、私が、自分のブログを見てみて、あまりにも、まともにタップできなくて、びっくりしました。

表示されたブログの、各エントリーへのボタンも、メニューボタンも、コメントや、メールのボタンも、押すタイミングによって、広告先に飛ぶことが、かなり多いなと思います。

ここまでとは思っていなかったので、驚きました。

このブログの、スマホ表示の設定をしたのは、かなり前なのですけれども、その時にはここまでの広告ではなかったので、油断していまして…。

設定したあと、あまり見てなかったので、ご指摘いただくまで、気が付きませんでした。

私の何かの設定が悪いのか?と思いましたので、主従関係のブログを書いている、他の方のところにも、少しお邪魔してみましたが、似たり寄ったりの感じでしたので、このレンタルブログの、アダルトカテゴリの仕様のようです。


それで、どうしてこんなに誤タップになるか?というと、ある種類の広告が表示されているからです。

ブログに表示される広告というと、ブログの上とか下に固定されたバナー広告を思い浮かべる方が多いと思いますが、それ以外にも、色々とありまして、このブログでも、固定広告以外のものも表示されています。

その中で、誤タップしているのは、ブログの上に、重ねて表示されている広告です。

ブログにアクセスしたときや、ブログ内で他のページに移動したりと、見る人が、ブログに対して、何らかの操作をしたときに、表示される広告があります。

最初、透明な状態で、ブログ上に(ブログに重ねて)表示され、だんだんと、バナーの本来の色が付きながら、最終的に、画面の下に配置される広告です。

これ、ブログにアクセスした瞬間や、ブログへの操作の直後は透明なので、見た目には、広告がないと思ってしまいます。

でも、実際には、ブログに重なって、存在しているので、タップすると、広告先に飛んでしまう、というのが、誤タップの原因です。


それで、頂いた、ご質問へのお返事に、書いたものに、少し追記して、このあたりのことに、あまり詳しくない方へ、ということで、エントリーにしておきます。

これは私が、貼った広告ではなく、私の意志とは関係なく、レンタルサーバの仕様(つまり、ブログを借りるときの規約)で、自動的に表示されることになっているものなので、私では、消せないのです。

ですので、消してほしいというご要望もいただくのですが、それは、できないのです。

それから、私が広告を選んでいるのではないので、リンク先が、私の知り合いとか、私がお勧めするサイトでもありません。

各ボタンに、広告へのリンクを仕込んでいるわけでもないですので、ボタンが壊れているということでもないんです。

正常にタップできれば、各ボタンは、本来の機能で動くようになっています。

ボタンが、壊れているのではないか?という、ご心配をいただきましたが、そういうことではないんです。

透明な広告が、ブログの上に重なってしまっているために、起こる現象です。


ただ、ここまで、誤タップしやすい感じになっているとは思わなかったので、一応、対策を書きます。

この広告は、出てきてから、一定時間で、透明な状態から、見える状態になって、(今は)画面の下の位置に落ち着くものなので、そうなってから、押したいボタンをタップしてください。

私が、試したのは、皆さんがスマホで、多く使われているであろう、iPhoneのSafariと、AndroidのChromeですが、ブログが表示されたり、操作をしてから、4~7秒くらい、何もしないで待っていると、ボタンなど普通にタップできるようになります。

他のネット閲覧用アプリも、ほぼ、同じくらいのようですね。

落ち着くまでの時間は、スマホによって違ったので、何とも言えませんが、ブログ内のボタンをタップしようと思ったときには、一呼吸おいて、広告が出て、下に止まるまで、待ってみてください。

そうすることで、誤タップは、回避できると思います。


それから、広告のリンク先のサイトについては、その安全性も含め、私は、全くわからないので、意図せずに、広告先に飛んでしまった場合には、そのサイト内で、何かをしたりせず、サイトを閉じていただければと思います。


アダルトカテゴリに分類される、ブログやホームページなどを見てきた人にとっては、このようなことは、もう知っているよ、という話かもしれません。

昔、私が、主従のことを知りたくて、この界隈の掲示板をたくさん調べて回っていたころから、こういう広告は、今とは違う形ですが、たくさんありまして、もっとえげつないのもありましたから、

ちょっと懐かしい気分になりましたが、それを知らずに、いきなりこんな挙動をされると、懐かしいとか、言っている場合ではないと思いますので、

こういう経験が少ない方は、お気をつけて、しっかりとした対処をしてください。

本気で悩んで、主従のことを知りたいと思って調べていても、主従のことというのは、やはり、世の中では、アブノーマルで、アダルトサイトに、分類されることが多いのが、現状です。

何とも歯がゆいところではあります。

でも、同時に、アダルトな内容であることは、確かですので、こういうのを見たくない方とか、間違ってもたどり着きたくない人のための、障壁として、アダルトカテゴリが、通常のものとは分けて存在することにも、意味があると思っています。

表と裏をちゃんと線引きしたほうがいいというのは、私も思うところですので。

ただ、私のような、IT系の職業だと、アダルトに限らず、レンタルサーバを運営している会社の事情も、聞き及んでしまうので、一概に、批判する気にもなれないのですけれども、

アダルトカテゴリだからという理由で、ブログのコンテンツが見にくくなるくらいの広告を付けるのは、なんとか、やめてほしいな、と、一人のブログを書く者としては、強く思います。

なんだか、愚痴っぽくなってしまいました。


主従のことを調べ始めた方などで、アダルトカテゴリのサイトに、慣れていない場合には、特に気を付けてください。

エントリーを表示するためにタップしたはずなのに、いきなり、違うサイトに飛ばされたりして、びっくりされるようですので、

こういう、誤タップしやすい広告がある、ということも、知っていていただければと思いますし、別のブログや、サイトには、また別の形の広告があったりもします。

私のブログも、今は、上で説明したような感じですが、時間がたてば、また違った形に変わるのかもしれません。

それすら私にはわかりませんけれども、願わくば、誤タップしないような形に、してくれればいいなと思う次第です…。



アダルトカテゴリでは、こういうことが多いということをきちんと知った上で、とにかく注意して、主従や、SM界隈のブログや、サイトなどを見てください。

また、そういうサイトの対処方法を、身に着けるのが難しいなら、リスクを避けたいなら、見ない、という選択肢もあると思います。

他のカテゴリでも、間違えてタップしてしまうような広告というのは、ありますが、アダルトカテゴリに関しては、そういう広告が多いのは確かですので、

それは、しっかりと認識して、自分の責任で、きちんと判断し、できる範囲で、この界隈のブログやサイトを、楽しんでください。


テーマ:アダルト総合 - ジャンル:アダルト















管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 以前に飼っていた牝奴隷とのことを書いているブログ。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴る。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード