理系Sの牝奴隷には言えない話
”御主人様”、vetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


※このブログをスマホやタブレットで閲覧しているときの誤タップについて、前回、エントリーにしたので、誤タップで、まともにブログのボタンが押せずに広告サイトに行ってしまうことが多い場合には、こちら(誤タップのこと)を、一読していただければと思う。


ということで、今回の話。


以前、知り合って、結構、話したことがある人が、主従の世界を去ることにしたとき、その理由として、

「ここでも、満たされなかった」

と言っていた。

主従の世界でなら、自分は、生き生きと、いられると思ったけれど、そうではなかったと。

その人は、Sで、奴隷も持っていて、主従の世界の人たちとの交流も積極的にしていたから、私の目には、満足していたように見えた。

それでも、心に空いていた穴というか、満たされない気持ちを埋めるには至らなかったのだそうだ。

そんなことを、淡々と、話していた。

その人が、主従の世界を去った後、どうしたのか?は知らないけれど、どこかで、他の何かで、満たされたのかな?と思い出すことがある。

また、その人ではないけれど、主従の世界にいた人と、話をしていた中で、何気なく聞いた言葉に、

「(日常の)嫌なことを、SMで、満たそうとするのは、無理だよな。奴隷って、そのために居るわけじゃないし」

というのも、印象に残っている。

これらのことは、わいわいと話をするタイプのオフ会などでは、あまりしない話題なのだが、ふとしたときに、また、もう会うことはないと思うからと、飲みに誘われた時などに、出てくる言葉だった。

こういう飲みでは、Sの方と話すことが多かったから、書いてみたけれど、主従の世界に入ってみても、心が埋まらないとか、何か虚しい、という話は、Mの方からも聞く。

私が、主側からブログをやっているから、なのか、このブログを始めてから、ご相談などで、こういうお話をしてくださったのは、御主人様がいる、M女性のほうが、多い。

主従世界の全体として、どちらが多いのか?はわからないけれど、そういうことを思い、この世界を去る人は、Sでも、Mでもいる。


普通に考えて、何かで穿たれた心の穴や、気持ちの沈みや、不満や不安、ネガティブな感情を、他のもので埋めることは、ほとんど、無理だと、私も思う。

例えば、仕事が、うまくいかないことで、すごく悩んでいるとき、主従の世界に行けば、それが解消するのか?というと、そうではない。

根本的な原因は、仕事のほうにあるのだから、それが解決していないなら、埋まるとは、私には思えない。

例えば、表の世界での人間関係を作るのが苦手だ、という人がいたとして、主従の世界で、人間関係を作ったとしても、

表の世界の人間関係は、表の世界で解決しないといけないし、主従の世界の、アブノーマルな人間関係が、表の世界で、そのままに通用するものでもない。

そういう意味でも、やっぱり、心の穴を埋めるなら、その穴をあけたものを取り戻すなり、少なくとも、同じ世界の中で対処して、埋めるしかないのだろうと思う。

だから、主従の世界で、埋まるものというのは、限られる。

表の世界で、出すことができずに、悩んでいる、S性であったり、M性であったり、また、アブノーマルな嗜好であったり、そういう、部分。

これは、埋められると思うというか、それを埋めたい、そこが満たされなかったり、ずっと考えてきたり、我慢してやり過ごすことができなかったりすることで、心に大きな穴ができているから、SMをしたり、主従関係を持ったりする。

それは埋められる可能性があると思う。

でも、主従の世界に、それ以外のことについて、過度の期待をしてはいけない。

と、私も思うのだが、これは理屈として、そう思う、基本的には、そう思う、と私は考えている。


主従の世界で、満たされるものが、本当にアブノーマルな性癖だけなら、私は、この世界に、こだわりを感じたのだろうか?と考える。

多分、そこまで、強く思わなかっただろうと思う。

S性を満たす以外にも、得られたものが、あったのだと思う。


埋めらない心の穴なんかもある。

どう頑張っても、取り返せないものはある。

極端なことを書くかもしれないが、大切な人と、死に別れてしまったとか、そういうことは、取り返しようのないものだ。

それは、上で書いたことから言えば、もう、埋めることのできない穴だ。

そこまでいかなくても、生きている中で、あきらめざるを得なかったものだったり、どこかで、大きな選択をしていて、それを後から後悔したり、そういうことは、時間が戻らない以上、ふさがらない穴だ。

多分、もう解決が不可能な穴は、心に空いたままになっている。

そういう心の穴は、大抵の人が持っているんだろうと思う。


そこでどうするか?と考える。

同じ世界で解決できない穴があるなら、それを、別の世界のもので、埋めようとする人もいる。

それも一つの手段かもしれない。

それができてしまう人もいるのかもしれない。

でも、私自身のことを思うと、おそらくそういうことはできない。

では、どうしているのか?というと、できるだけ気にせずに過ごすような時間を作って、穴を、穴として、意識しなくてよい、自分を責めなくていい時間を持てたらいいのかなと思う。

夢中になれる他のことを見つけられたら、それが、大きなものであればあるほど、心の穴は、相対的に、小さくできるのかもしれない。


何か、苦しいことがあったとき、また、過ぎていく日常に何もないから苦しいとき、

穴は埋まらないにしても、それ以外のことに、心を向ける時間を作るのは、悪いことではないと思う。

それを、逃避だという人はいるかもしれないし、私も、一つのことに、こだわり、考え込んでしまって、

なかなか、他のことで、気を紛らわすとか、気分転換してリフレッシュをするのが、苦手なタイプではあるのだけれど、そうやって、他のことで、バランスをとる、という方法もあると思う。

主従の世界に入ることを、気分転換と言ってしまうのは、相手がいる話なので、ちょっと不謹慎な気もするけれど、新しい世界に足を踏み入れることで、気持ちが変わるなら、それも心のコントロールだ。

ただ、今までにない世界に触れることで、気持ちが変わることはあると思うけれど、主従の世界が、それ自体の力で埋めてくれる可能性があるのは、

やっぱり、アブノーマルな性癖についてだけなのだろうというのは、意識していたほうがいいと思う。

でも、そういうことだけではなく、表の世界で空いた穴が、なんとなく、小さく感じられるようになったり、気分が、いつの間にか、穏やかなものになっている時間が作れていると、私が思えたのは、多分、相手、つまり奴隷のおかげだ。

奴隷の優しさであったり、強さであったり、ちょっとした、何かをしてくれたことであったり、本当に思う気持ちを、それが、ポジティブであれ、ネガティブであれ、正直に打ち明けてくれたことだったり…。

言葉をぶつけ、気持ちをぶつけてくれたこと。

そういう、深いつながりを私と持ってくれたこと。

その奴隷が、与えてくれたものの数々。

その中には、奴隷だから、奴隷という立場だから、やったことも、もちろんあっただろうけれど、それだけではなく、奴隷の、人としての性格や、気持ちから、たとえ、奴隷でなかったとしても、そうしたいから、してくれたであろうことも、たくさんあったと思っている。

私は、常に主従、ということを思って奴隷と接してきたけれど、それでも、奴隷の人としての部分に、惹かれるものがなければ、きっと、私は、奴隷との繋がりをうれしくは思わなかったのではないかと思う。

奴隷とSMをする以外の時間を、楽しいとは感じなかっただろうと思うし、奴隷も、それ以外の時間を一緒に居ようとは思わなかったと思う。


奴隷を、仕事帰りに、呼びつけたとき、笑顔で、待ち合わせ場所に立っていた、その顔に、向けて、

「お前、仕事で疲れているくせに、使われるためだけによく来るよな」

なんて、よく言っていた。

でも、そのあと、一緒に食事をして、お茶をして、最後に、ホテルに行くようなことも何度もあった。

奴隷に対して、会って早々に、「SMや性処理に使うためにだけ呼んだんだ」と言っておきながら、私は、奴隷との食事もお茶も楽しんでいた。SMをしていた時間よりも、長かったかもしれない。

調教前に、おしゃべりをする奴隷を見ているのが、楽しかったという気持ちは、確実にあったし、自惚れかもしれないが、その時間を奴隷も、嫌がっていなかったように思えるから、きっと奴隷も、S性やM性を満たすだけではない何かを、得ていたのかなと思う。

これは、主従として、会っている時間ではあるけれど、人として、相手のことを、何とも思わないなら、こんな時間を持ちたいとは、お互いに思わなかったと思う。

S性やM性を満たすだけなら、ただ、SMをして、帰ればいいのだから。

でも、そうしなかった。そうじゃない時間も幸せに思えた。

だから、私は、冒頭で書いた、主従の世界で、満たされないと言った人は、確かに、満たされなかったのだろうけれど、

それは、S性が、ではなく、それ以外のものも期待したのに、得られなかったのではないかとも、あとから、思った。

もちろん、私には、彼の本心はわからないけれど。


主従の世界に入れば、別の世界でできた心の穴が埋まるのだという期待は、あまりしないほうがいいと思う。

というよりも、主従に限らず、どんな世界だったにしても、今、自分がいる世界で抱えている、問題から生じた、心の穴が埋まるわけではないと思う。

現実は現実として、目の前にあるのから。

それを解決するなら、同じ世界で解決しないといけない。

でも、他の世界と関わりを持つということは、新しく人と出会う機会が増えるということだ。

その、新しく出会った人が、与えてくれるものが、嬉しいとか、楽しいと、感じられるものなのであれば、そこには、新しい幸せがあるのだろうと思う。

心に、穴は開いているかもしれないけれど、別の世界で感じた幸せが大きいなら、それが、穴から生じる苦しみを、少し減らしてくれるのかもしれない。


そして、それは、出会う人、なのだと思う。

主従の世界でも、やっぱり、誰と出会うのか?が、一番重要だと思う。

出会う人によっては、SやMや、その他のアブノーマルな性癖についてだけではない、人としてのなにかを与えてくれるかもしれない。

それによって、幸せに感じられる時間を増やすことはできるかもしれないと思う。

もちろん、出会う人が、人として合わない人だったり、SやMという性癖までも相性が悪い人なのであれば、心の穴が増えることもあるだろう。

結局、主従の世界といっても、他の世界と同様に、出会った人、次第なのだろうなと思う。

という、ごくごく、当たり前の結論しか、私は、持ち合わせていないけれども。


何度も書くようだが、主従の世界に入れば、別の世界での悩みが解決するわけではないと思う。

心の穴が埋まらなかったとしても、それは、主従の世界の責任でもないと、私は思う。

やっぱり、この世界が埋めてくれる可能性があるのは、アブノーマルな性癖の部分だけだと思うから。

でも、それを埋めるためにと、主従の世界に入って、必死で相手を探して、出会った人によっては、もっと大きなものを得られることもあると思う。

アブノーマルな部分を埋めてもらえた上に、さらに、人としての、幸せな何かを得られる人と出会えたなら、最高だと私は思う。

そういう人と出会えたなら、主従の世界から、幸せを得られたと思うのかもしれない。

出会えなかったなら、主従の世界には、何もなかったと思うのだろう。

出会う人による、のだから、タイミングだったり、運だったり、に大きく左右されることになるから、それは、それで、理不尽なものだ。


御主人様でも、奴隷でも、Sでも、Mでも、性癖的に、合う合わないはあるけれど、そこが合ったとしても、最後は、その相手の気持ちや心と、うまくつながれるかどうか? 

主従から、何かを得られるかどうか、満足できるかどうかは、関係を持った人との、人としての部分にも、かかってくるのだろうなと思う。

特に、主従関係の場合、他の人間関係よりも、深く関わることになる場合が多いように思うから、

選んだ相手が、人としても、自分に合っているのであれば、関係が深いことで、より大きなものを与えてくれる可能性はあると思うし、

逆に、合わない人だった場合には、関係が深いがゆえに、満たされないと思う気持ちも、他の世界に比べると、大きくなるのかなと思う。

そういう、両極端になりやすい傾向があるところは、主従の世界が、他のもう少し、希薄な人間関係でも、成り立つ世界と違うところかもしれない。
















管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 以前に飼っていた牝奴隷とのことを書いているブログ。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴る。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード