理系Sの牝奴隷には言えない話
”御主人様”、vetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


奴隷を、”物”として、扱うことを、私は、普通にしてきた。

調教のときには、特にそれを言っていたと思う。

「遊ぶための道具」だとか、「ただの穴」だとか、そういう、SMの定番の言い方を、私はためらうことなく奴隷に使っていたし、そういう言葉で貶められる奴隷の反応が、私のS性を刺激してくれた。

それは、奴隷との間に、立場の差をしっかりと作ることにもつながっていたと思うし、そうしたいという私の意思を、示した言葉の一つだと思う。

また、おそらく、奴隷もそう受け止めたのだろう。

それを言われることで、奴隷であることを、感じていたように見える。

対等ではなく、下の存在として、蔑まれて扱われること、私の好きにされること、そういう立場であることに、奴隷としての価値を見出し、それが、M性を刺激されることにもつながっていたのだろうと思う。

こういう言葉を使って、また、そういうものとして、奴隷を扱うこと自体は、主従としては、よくあることだと思うし、私も、悪い事だと思ったことはない。

むしろ、そういう関係を望むから、わざわざ主従になったのであって、そうじゃないなら、ノーマルな男女関係、恋人でいい。

だから、御主人様と奴隷であったり、飼い主と家畜やペットであったり、持ち主と所有物であったり、お互いに、それを強く望んでいるからこそ、言葉としても、そうしたということは、私もわかっている。

奢った言い方をするなら、奴隷が、自分のことを、奴隷であり、奴隷としての価値、自分の価値を、私の言葉に見いだしていたのかなと思う。

そういう言葉の中の一つに、

「お前は、俺が使いたいときに、好きなように使う」

と、いうものがあった。

目の前に、奴隷がいて、一緒に過ごしているときに、これに類することを言い、私が、私のタイミングで、調教したり、性処理に使ったりしていた。

そういう行為に限らず、部屋で過ごすなら、飲み物を持ってこさせるとか、命令することも、普通にやっていた。

一緒にいる時、この言葉は、言葉通りに実行されていたから、全く問題はなかった。

私の言葉と、奴隷ができること、が、一致していたから。

そこに矛盾はなかった。

一緒にいる時には。


でも、お互いの仕事だとか、何かの用事で、なかなか会えないことがある。

そもそも、遠距離だった奴隷もいた。

私にも、奴隷にも、表の世界の生活があるし、それを無視して、裏の世界が成り立つことはない。

だから、会えない時間が、長く続くというのは、そんなに珍しいことではなかった。


そうなると、問題が出てくる。

御主人様の奴隷であること、家畜であること、所有物であること、を普通に思うようになってきた奴隷にとって、御主人様の言葉が、絶対のものになっていく。

そこに、

「お前は、俺が使いたいときに、好きなように使う」

という言葉。

調教のとき、また、奴隷と、話をしているときに、これに類似したようなことを私は言った。

だから、奴隷は、こういうことが、当たり前で、それが、奴隷としての自分の価値であると思い始める。

その考え方自体は、奴隷として正しいと、私も思うのだが、表の生活との兼ね合いで、この言葉が、守れなくなることが出てくる。

むしろ、日常生活の中では、守れないことのほうが多い。

ここに、矛盾が生まれる。


例えば、私が、奴隷と会うことができる時間の都合が付いたとする、もしくは、話をする時間が取れるとする、そのときに、奴隷に、そのことを伝える。

奴隷もその日時に、会ったり、話したり、ができるならいいのだが、プライベートや仕事、その他の用事、また体調などでも、できないことがある。

それが、何度か続くこともある。

そうすると、上で書いた私の言葉が、奴隷にのしかかっていく。

普通に考えれば、誰かと会ったり、話したりするのに、都合が合わないことなんて、いくらでもある。

都合をつけようとしても、うまくいかないことは、誰でもが経験する。

奴隷だって、普段の生活の中で、友人や、家族に、何かに誘われても、都合がつかなければ、断っている。

仕事でも、何かの日時が重なって、どちらかを、動かさないといけないという、スケジュール調整なんかは、普通にすることだ。

でも、自分の価値を、「御主人様が好きなときに、好きなように使えるもの」であると思い始めた奴隷にとっては、御主人様の誘いを断ることは、一回でも、気になって、そして、運悪く、それが重なってくると、不安が、広がってくる。

自分の価値が下がっているのではないか?

さらには、捨てられてしまうのではないか?

そう思い始める奴隷がいる。

それでも、

「仕事があって、その日は難しいです」

「風邪、引いてしまって…」

とか、そういうことを言って、ちゃんと断れているうちはまだいい。

というよりも、私としては、用事や、体調のことがあるなら、断ってくれるほうが、逆にホッとする。

でも、段々と、これが変わってきたりする。

私が、時間が空いたことを、唐突に伝えたのに、

「用事があって…。ダメな奴隷ですみません」

とか、

「体調管理もできなくて、奴隷失格です…」

とか、

さらには、

「生理をずらせなくて、申し訳ありません」

なんて言われたこともある。

当日に誘われて、それは、無理だろうと、私は普通に思うのだが、奴隷は本気でそう言った。

また、大切な仕事があったのに、それを休んだことを、隠していて、あとから知ったこともあった。

私は、奴隷が、表の世界の都合で、私の誘いを断ったからといって、奴隷としての価値が下がるなんて、全く思っていないのだが、

奴隷にしてみると、私の都合に合わせられないということは、自分の価値がなくなってしまうのではないか?という不安につながっていくものだった。

だから、奴隷が、こういう思いを持ち、こんな言動になってくることがある。

結果的に、無理をしたり、表の世界に、支障が出てくることもある。


「お前は、俺の所有物なのだから、使いたいときに、好きなように使う」

それは、私が奴隷に言った言葉だし、奴隷に求めたものではあるけれど、表の世界との兼ね合いで、完全にそれを実行することが、難しいものであることも、よく分かっている。

仕事や、用事や、体調や、その他、どうしても外せないことがあって、私と時間が合わなくても、自分の価値、奴隷としての価値が下がるとは、思わないで欲しいなと思っていた。


ただ、そういうふうに、奴隷であろうとすること、私に言われた、奴隷としての価値の一つを、守りたいと思い、そのことを気にする奴隷というのは、かわいいとも思った。

表の世界がないと、奴隷である前に、この社会で、生活していくことができなくなるから、私の都合に完全に合わせることなど、無茶なことではあるし、それを実行しろとは思わない。

むしろ、表の世界を犠牲にしたり、無理をしてしまうなら、私も心配になるから、それだけはやめろと思うのだが、それでも、なんとかしたいと必死な奴隷の姿は、奴隷らしいなと思ったし、愛おしかった。


きっと、奴隷が、「用事があるから、仕方がない」と、簡単に割り切れてしまうなら、それはそれで寂しいと私は思ってしまう。

でも、私からの言葉にこだわりすぎて、自分の奴隷としての価値が、なくなることを恐れるあまりに、表の世界に支障をきたすようなことは、絶対に避けてほしいと私は思っている。

奴隷に、そんなことをされるのは、困る。

仕事が忙しいなら、まずは、その仕事を、しっかり頑張れと思うし、忙しいなりの付き合い方もある。

会って調教するだけが、主従としての繋がりではないのだから、会えない時には会えないなりに、すればいい。

家族や友人との関係も、大事にしなければならないし、それを優先しないといけない時があるのも、わかっている。

体調が悪いなら、これも、悪いなりの過ごし方をしながら、治るのを待つ。

どれも、それだけのことだ。

私は、奴隷の表の世界を壊したいわけではないのだから。

奴隷の、表の世界も、充実したものであってほしいと思っているのだから。


「会うの、無理だからいいや」と思われたら、とても寂しいけれども、会うのが、無理な理由があるときには、それで、自分の奴隷としての価値がなくなるようなものだとは思わないで欲しかった。

たとえ、「お前は、俺が使いたいときに、好きなように使う」と、言われていたとしても。

これは、私のどちつかずな、わがままなのだろうけれど、奴隷の割り切れなさを見ているのが、なんだか、楽しかったり、嬉しかったりする。

また、奴隷になった途端に、臨機応変という言葉を忘れて、御主人様の役に立たないならば、奴隷としては居れないと、考えてしまう。

そういう部分が、まさに、奴隷らしいと思うし、そんな奴隷をかわいらしいと思う。

そんなことを、考えるのだから、一番、矛盾していて、困ったやつなのは、奴隷ではなく、私なのだと思う。



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2019/10/30 00:45] | [ 編集 ]

>匿名希望さん
初めまして。コメント、ありがとうございます。

もともと、主従というのは、アブノーマルであるということは、御主人様も、奴隷も、意識している必要があるのですよね。
日常生活というか、ノーマルな時間や、ノーマルな考え方の中の、ある一部分を切り取って、アブノーマルな時間や、アブノーマルな考え方をするというのが、おそらく、正しいというか、日常生活を成り立たせるために、必要なことなのだと思います。
でも、奴隷の気持ちとしては、御主人様を優先したいと、どうしても思ってしまうことがあって、それが、ノーマルな時間だったり、ノーマルな考えを、侵食すると、色々なことに支障が出てきますよね。
それは、やってはいけないことですが、やっぱり、御主人様に対して必死になる、奴隷の姿というのは、可愛いものだなと、いつも思いました。
それでも、日常をおろそかにしたら、私は罰を与えたりもしたのですけれどもね。それでも、楽しいと思ってしまうので、やっぱり、私はどうしようもない奴です。
奴隷の気持ち、私はわからない部分も多かったので、過去の奴隷が、100%解放できていたのか?は、私の中では、疑問ですが、奴隷になった以上、安心して、奴隷で居てほしいというのが、私の根底にあったことは確かです。
御主人様のためにと、無理をすることで、日常が壊れることを心配しなくてもいい。
と同時に、日常を優先して、それで、私が、罰は与えたにしても、私の中での奴隷の価値が落ちてしまうというような心配もしなくていい。
そう思っていてくれることを、願っていましたが、それは、やっぱり、奴隷が、必死で、私のことを思ってくれたから、私も素直にそう思えたのだろうと思っています。
なので、きっとお互い様なのですよね。お互いにそういう風に思いあわないと、もともと、矛盾していることを両立させようとしているのですから、これは、成り立たないのだと思います。

私の心配まで、ありがとうございます。
こちらは、だんだんと寒くなってきましたので、気を付けますね。
匿名希望さんが、どちらにお住まいかはわかりませんが、寒くなる時期ですので、体調には、お気を付けください。
[2019/11/01 23:50] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 以前に飼っていた牝奴隷とのことを書いているブログ。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴る。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード